2010年08月29日

いとこの子ども

先日、参号館で、ある発表会があり、
見に行って・・・
その帰りに、コモスクエアに寄りました。

いとこの子どもと、私の息子。
うす~く血のつながりがあるわけですが、
お世辞も自慢も抜きで、とってもかわいい女の子。

息子もせっかくいい格好してるので、
いろいろ撮りました。


コモスクエアWEST


TOWER THE TOYOTA


Cafe 楽風


写真を撮るためにこうしたわけではなく・・・
「小さい」ことをいいことに、
自発でこのように調子にのり・・・
若干 引いているお嬢さん・・・
ごめんね(^^;

一日中「ゆみちゃん」「ゆみちゃん」と追いかけて、
興奮状態のわが子でした。。。
  


Posted by HOO! at 13:49遊ぶ

2010年08月20日

葬儀、親戚デビュー

伯父さんが亡くなり、
一昨日は葬儀でした。

息子にとっては、葬儀の意味は
わからないとは思うけど、、、
おじいちゃん、おばあちゃんの
血縁あって、その中に自分が存在する、
ということ、その空気だけでも体験させよう、
ということで、息子も連れていきました。


服装は…
音楽発表会用に用意した
3ピーススーツが
とっても役に立ちました。
あってよかった…



生まれて5年半、
初めて親戚に「息子です」と紹介できました。
私に子どもがいることを知らなくて、
かなりびっくりしている人もいましたが、
顔がすごく私に似ていることで驚いている人もいました。
いずれにしても、
挨拶できてよかったです。

お焼香も一緒にやりました。


息子は、熱心に、棺にお花を入れていました。
お花が余ったら再び寄っていって
最後の最後までやっていました。

お酒好きな伯父さんだったので、
葉っぱの先に酒をつけて口にたらす、というのがあり、
やったのは少人数でしたが、
率先してやっていました。

まだ「ご遺体」の概念がなくて
人真似、興味に過ぎないのか、
やるべきだと思ったのかわかりませんが…。

私は、ご遺体を目の前にすると、
自然と涙が込み上げ、手を合わさずには
いられなくなります。。。




このようにして、、、
葬儀で、親戚デビューをしました。  


Posted by HOO! at 09:02学ぶ

2010年08月16日

お手伝い

洗濯物たたみは、以前から、
タオルやハンカチなど四角いものから
挑戦しておりますが、
今日から、洗濯物取り込みに挑戦。



正直、教えるほうが時間かかり、
私が自分でやったほうが早いのですが、
そんなこと言ってたら、
永遠にやれるようにならないので、
(会社でいう、部下育ても同じですね)
挑戦してもらいます(^_^)☆
将来的には、本人のためだと思います。

台にのると、ベランダの柵から
落ちそうになるくらいのちびっこでは
なくなることを待って、
取り組むことにしました。  


Posted by HOO! at 20:47生活

2010年08月14日

息子からのお手紙

いま頃ではありますが・・・
今年の母の日のこと・・・

息子が手紙を書いて
読み上げてくれました。



家族に声援を浴びつつ・・・
てれてれで読んでくれました。
こっちまでてれてれでした。

見たらこんな難解な・・・



右から縦書き・・・

ぼくわ
おかあさんに
ごはんを
つくって
ありがとう


家族みんなでウケました。
つくってもらったことあったっけ?(笑)。

みんなにウケてしまいましたが、
本人は一生懸命だったんでしょうねー。
嬉しかったです。


あれから3ヶ月。
劇的に、書く日本語がうまくなりました。
漢字やら、2桁までの数字も登場します。
幼児って、数ヶ月で別の生き物、というくらい
成長しますね。
  


Posted by HOO! at 08:11生活

2010年07月25日

花火

おいでん祭りに行ったあと、近所の公園で、
花火をしました。

昨年だったか、この公園で
子どもたちと花火をしたとき、
打ち上げ花火もやって、
音に反応した近所の方が通報したらしく、
おまわりさんが来てしまいましたf^_^;)
ご迷惑おかけしました。。。
花火だったことに安心したのか、
ニコニコのおまわりさんでした。
ごめんなさい…

今年は気を付けて…

手で持つ花火をじゃんじゃんやりました。

楽しかったです(^ー゜)















  


Posted by HOO! at 01:17遊ぶ

2010年07月19日

妙な遊び

ミスドで。
気づいたら、息子と甥がこんな遊びを。
終わったあとに、勝ったとかなんとか…
一体、どうなると勝ちなんだろうか…
6才年上のいとこのお兄ちゃんの、
優しい笑みが…
息子と対象的でいい感じ。







  


Posted by HOO! at 23:55生活

2010年07月07日

七夕の願い

今年も保育園で、笹の葉かざり。
昨日迎えに行ったときに、
一緒にやりました。
いつも一番最後まで残っているので、
昨日も広い講堂で、ぽつーん、とふたり。
静かなほうが願いごとをするには
似つかわしいかなっと。

昨年の願いは、
「しんけんじゃー に なりたい」

今年の願いは、
「えくすとりーむ に なりたい」

王道だな。

で、今日。
お持ち帰り。





足がやけに大きくなりました。




  


Posted by HOO! at 19:24生活

2010年05月31日

自転車に乗る練習開始

そういえば、自分が補助輪なしで自転車に乗れるようになったのは
5才だったと思い出し、自転車に乗ることを教えることにしました。
(本人希望もあって)。



うちには、いとこのお兄ちゃんが乗っていた自転車が、
数年間放置されていました。
気づいたら、息子がこの自転車にちょうどいい背の高さまで成長していました。

磨いて手を施せば使えるはず、と思い、
ほこりで黒く、サビで茶色くなった自転車をふきふきするところから開始。



不思議と「新しいのを買ってほしい」とせがむことなく、
やる気まんまんで磨きにかかる息子。
一緒に頑張りました。



ホコリで黒くなったところはきれいになり、
サビは自転車屋さんでアドバイス受けようと思い、
その状態で持っていきました。

家からいちばん近い、自転車のアサヒさん(153沿い)。
アサヒさんで買った自転車でもないのにちゃんと直してくれました。
位置が曲がったカゴはまっすぐに。
完全に空気の抜けたタイヤはパンパンに。
ゴムが減ってきかなくなったブレーキゴムは新品に交換。
サビについてはサビとりの薬品を薦めていただき、
それを購入。



補助輪でなく、後ろに持ち手をつけてもらい
(今どきは、こんないいのがあるんですね~)
しめて3500円くらいで、ボロボロの自転車は、
立派に乗れるものに生まれ変わりました。

さあ、練習開始です。

まずは、ひいて歩くことから。



これは難なくクリア。

いきなり、補助輪なしで乗ってみたら、ふらっふら。
当然ですが。
後ろで支えても、漕ぎ出す方法がわからない、
こぎ方がわからない・・・。
そうか~、そこからなんだ~、と思いました。

ちょっとこげるようになって次の段階へ。
こぐことを連続、継続すること。
これがなかなかできない。
下を見てしまう。
「前を見て!」「こぎ続けて!」
だんだん私がヒートアップ。
ヒートアップする自分を抑えて、どう導いたらいいかを
考えました。

そこで、乗った状態でつまさきで地面をけりながら
前進させてみました。
だんだんバランスがとれてくる。



あ、これだ。と思い、その練習をして・・・



私が後ろを持ってこぐ練習。
私の力では支えきれないほどアンバランスになると、転ぶ。
自転車を起こす練習をする。
だんだんやんなってきた様子の息子。
転んだときに、手が痛くなったとかなんとかで、
大げさに練習中止を訴える。
甘いぜ~!
手が痛い、はおいといて、私が勝手に決めた、
公園内のペンギン(水のみ場)まで10往復という課題を、
ぐずりながら達成。

お互い達成感なし。

私は母に乗り方を教えてもらい、乗れるようになったのですが、
どうやって教えてもらったのか、さっぱり記憶になく、
私がふつうに自転車に乗れてることだけとっても
母は偉大だ~と、思ってしまいました。

お互い達成感なしではいかんなあと思って、乗れるようになりたいか
聞いてみた・・・

与えられた課題と闘うのではなく、
自分で目標をたてる方向へ意識を向けるようにしていったら
そこから、おもしろいことになっていきました!

続きはまた!




  


Posted by HOO! at 22:59生活

2010年05月02日

猿投山に登りました。

やはり、豊田市民としては、猿投山に登っておきたい!
という願望がずっとあり、ついに行ってきました。
息子はもちろん、いとこのお兄ちゃんたちも初。

標高629mの猿投山。
車で470m付近の「猿投神社 東の宮」まで行って、
登り始めました。



とってもいい天気で、すいすい走って、すこーんと車停めて、
涼やかな山を登り、緑化センターに寄って遊んで帰ってきました。
9時に出発して、14時に帰着。
なんというゆとり。自分ちから車で25分。
冒険はない距離ですが、猿投山登山自体は冒険でした。
大好きになりました。

いきなりですが・・・頂上ですにっこり



空気はすがすがしいけど、やはり、運動不足の身体に登りはきつい。
登りに写真は撮れなかったため、写真はいきなり頂上です(^^;
小一時間で登頂しましたが、車でかせいだ高さ分もあって、
とってもいい眺めでした。

下りに撮った写真です。



うちから近くにこんな場所があることが嬉しくて、
見上げました。



っと、ゆとりある一瞬もありましたが、
息子が急に走り出したり、止まってみたり、棒を拾って
振り回してみたり、飛び回ってみたりでヒヤヒヤ・・・
はたまた「疲れた、ダッコ」と言ってみたり・・・
登山といえば、コンスタントに、同じペースで
こつこつと登るものなんですが、5才児には通用しませんね。
走り回るのが危ないので、いとこのお兄ちゃんが
寄り添って歩いてくれました。

すれ違う年配の方たちは、みんな息子を見て
「元気だね〜」「がんばってね〜」と言ってくださるのでした。
その日見た登山者の中で、息子がいちばんちっちゃかったので
珍しいんですね。
すれ違いざまに小学生までもが
「あんなちっちゃな子でも登れたんだ〜」と言ってました。
ちっちゃいうちに、とてもいい経験ができたんだなあと
思いました。

さて・・・
いったん車に戻って、ちょっとだけ下って、展望台登り口へ。



さあ、がんばりましょう、225段!



甘えん坊の息子は、いとこのお兄ちゃんに
おぶってもらってました。
すごいですねー、子どもは。
17kgをおぶってすいすい登っちゃうんですから。
私はぜーぜー言いながら登って、追いつきませんでした。

225段を登り切る前に、子どもたちは、すでに展望台の上。



ちょっと、伸びすぎた木々でさえぎられていましたが、
豊田市を一望できる展望台で、いい眺めでした。



こんなにいい場所がある、豊田市。
地元で過ごす休みもいいものですね。



このあと行った愛知県緑化センター 昭和の森
(豊田市中山町猿田)
ここもいい場所でした。









芝生の上に寝た状態で撮った写真。
自分自身、気に入ったショットです。



  


Posted by HOO! at 22:59遊ぶ

2010年04月21日

お風呂ごしごし

湯船から出て、裸のままで、
おふろおもちゃの水垢が気になってタワシでごしごしし出した息子。
そしてそのあと自ら風呂掃除を熱心にやりだしました。
アワアワになりながら、床をごしごし、壁をごしごし、携帯かまえたときには、フタをごしごししていました。
「きれいなところもきれいなうちにやってピカピカにしないといけない」、
とか、悟ったようなことを言っていました。
おかげでほんとにきれいになっていました。
前日におばあちゃんが掃除しているのをみて、
やろうと思ったようでした。
汚す散らかす専門でしたが、
稀に掃除するくらい大きくなりました。
  


Posted by HOO! at 21:58生活

2010年03月19日

先生ありがとう、年長さんになります。

今日は、豊田市のあちこちで、
卒業式でした。

息子を保育園に送っていくとき、
きれいな服を来たお母さんたちをたくさん見かけました。

息子は、まもなく年中さんから年長さんになります。
同じクラスのあるお母さんが、こんなことを企画してくれました。
「今年度 1年お世話になった先生に
アルバムを贈りましょう」というものです。
そして、アルバムの台紙を渡されました。

感謝を表すということを子どもと一緒に・・・
とてもいい企画だなあと思いながら、
1週間経ってもまだできない私と息子・・・
帰ったら寝ちゃってんだから、やれるはずない!!
ついに締切日前日を迎えてしまいました。

朝、息子に言いました。
「何が何でも今日は寝ずに待ってて。
なるべく早く帰ってくるから」と言っておきました。
そしたら、ちゃんと起きて待っててくれました。
んー、えらい。

できた・・・(T-T)



帰ったのが8時過ぎ。すぐにやり始めて、写真選びから・・・
完成したのが9時過ぎ。
息子は、そのあと、ご飯食べてる最中に、
はしを持ったまま電池切れになりました(^^;



ちなみに、こちらの面は、、、「ぼくわ いつもたのしいです」と下から上に書いております(^^;
思えば、文字が書けるようになったのも、
今年度の担任の先生のおかげです。

そして、とにかく、できた・・・(T-T)

これで今日は安心して寝れる・・・と思いました。

たったこれだけのことをやるのに、
ものすごく大ごと、な母子でございました・・。

でも、一緒に「感謝の気持ちを表す」ということができ、
とてもいい機会をいただきました。
そのことにも感謝です。
  


Posted by HOO! at 21:15生活

2010年02月19日

公園で弁当を食べる!

2月のある寒い日。
夜、家に帰ったら息子が
「明日はお母さんとお弁当を持って公園に出かけます」といきなり宣言。
なにがどうでそうなったのかさっぱりわかりませんが、
「なんで?」と聞いても「お母さんが作ったお弁当持って公園に出かけるの」と
言うだけ。
まあ、そうしてみたくなったんだろうということで理解して、
翌朝ほんとに弁当作りました。
ごくごく簡単に。

ほんとにおかしな話ですが、
突然降って沸いた「公園で弁当を食べる」という目的に向かい、
息子も母親もテキパキ行動していました。
起こさないと起きない息子は、この日は勝手に起きてきて
着替えておりました。

マンションのエレベーターを降りながら・・・
「ところでどこの公園行くの?」
あれこれ候補は出ましたが、どこでもよさそうだったので、
サッカーなどをしに よく行く川端公園へ。
川端公園は、矢作川沿いの、豊田スタジアムを望む白浜公園の延長上です。

レジャーシート忘れた・・・
ハンカチの上に弁当を置いて食べる・・・





芝が一面枯れる真冬
景色からして、す、すごく寒い・・・



ちょっと前は、こうして緑があったのですよ・・・
この写真は、確か、元旦にソリで遊んだときのものです。



ひゃーっ、冷たい風!



でも、これが目的、「公園で弁当を食べる」。



寒くって寒くって、
なぜ「公園で弁当を食べる」んだっけ?とわからなくなりながらも、
息子と二人、なんだか楽しい時間でした。
  


Posted by HOO! at 21:45遊ぶ

2009年12月30日

天使のはねランドセル

先日、三好のジャスコに買い物に行ったときのこと。
偶然ランドセルコーナーの前を通りかかり、
思い立って息子にしょわせてみました。



ん~、ランドセルに背負われてる感。
それでも一応背負うことはできる・・・。
ランドセル購入期は、1年先なんですが、
おっきくなったなあ、こんなふうになるんだなあと、
写真撮ってみました。
ちょっと前まで、写真左のおむつコーナーに縁が深かったのに・・・。

また1年後に同じようにしょわせてみて撮影して
写真ならべたらおもしろいかなあ・・・。
しょわせてみたのは、「天使のはね」ランドセル

「ら・ら・ら・らんどせるは~ て・て・て・てんしの は~ねっ」♪
というCMですねー。歌えちゃいます笑える



今どきのランドセルって軽いんですね~!
驚きました。
そして、高いんですね~!2万円・3万円・4万円・・・・驚きました。

ちなみに、私は、小学校の5年だったか・・・
友達とケンカしてランドセルの肩ベルトが本体からぶちっとちぎれて、
1年以上、ランドセルなしでナイキのきんちゃく袋をしょって
小学校に通っておりました。
親だったか祖母だったかが買ってくれたはずで・・・
ランドセルって高価なのに・・・がーん
・・・そんなことを思い出しました。

ランドセルを壊され怒りが頂点に達し、
友達を殴りつけてやり返した記憶もあります。
なんて勇ましい少女なんでしょう・・・(^^;
(その友達(女の子)とはすぐに仲直りし、
今も年賀状のやりとりをしています)。

息子も友達とケンカはするでしょうが、ランドセルを壊さない程度に
してもらいたいものですにっこり
私の時代はよかったけれど、今の時代、ランドセルが壊れるくらいのケンカしたら・・・
壊されるのはまだよくても壊す方だったら、一大事です~おっとー  


Posted by HOO! at 00:02生活

2009年12月11日

夏の思い出.3/避難訓練

9月のことです。
保育園で避難訓練があり、14時に迎えにきて下さいと、
保育園から通知があり、
14時?!なんて酷な!と
職業婦人(死語?)としては思いました。
母にもお願いしてみましたが、自分でいけと…(T-T)
はい、行ってきました!

もう、どうせ迎えにいくならと、誰よりも早く到着!
早く迎えにきた順に、自分の子供の組の列の前に立ち、
子供をひきとります。
私が誇らしげに一番前に立っているのを見て、
息子は、ダーダーに、はなみずたらしながら、ニッコニコでした。
早く鼻をふいてやりたい気持ちを抑えながら
先生に「どうぞ」と言われて解放されるのを待ちました。

車に乗るまでかぶってるというルール?も守り、
帰りました。
そのあとモスバーガーに行ったことは記憶していますが、何を話して、帰ったあとたぶん私は仕事に戻りましたがどんなふうに戻ったかとか…
忘れてしまいました。

自分の息子も含め、防災頭巾をかぶってる園児たちが、ほんとかわいらしかったことだけ覚えています。
  


Posted by HOO! at 22:15生活

2009年11月22日

夏の思い出2/セントレア

もう、冬になろうとしていますが、夏の思い出 第2弾。

9月のこと・・・
友人が海外へ行くことになり、
セントレアへお見送りに行きました。

暑い日は、水筒持参が大正解。
かなりエコノミー。



いっちょまえに、カウンターに腰をおろして
イベント広場のステージみてましたが、
肩にかけた水筒が幼児だよ。



「飛行機みにいこう!」と言ってみたんですが、
「いいよ」とさらっと答えただけで、
デッキに出ても、それほど興味ない様子でした(^^;
もともと、セントレアのスーパー銭湯に行ってみたかったので、
おっきいお風呂に入る話をしてありました。
飛行機そっちのけで「早くお風呂」「早くお風呂」とずっと言ってました。
夏なのに・・・。
少年は普通、風呂よりも飛行機だろう!
でも、いいのよ、いいのよ、私も飛行機より風呂のが好きだから。

セントレア「風(フー)の湯」
飛行機が飛んでいくところを見ながらの入浴。大浴場。
すごかった。おもしろかった。
風呂の真上をでっかい飛行機が轟音をたてて飛んでいくのに、
それでも飛行機には見向きもしなかった息子。
何をしていたかといえば、もぐったり泳いだり、はげしく楽しんでいました。
そう、お見送りが朝の8時くらいだったので、
その直後のお風呂はだ~れもいなくて、貸切状態で楽しみました。

セントレアのキャラクター「フーさん」?だったけ?
喜んで近寄って、さわっていました。



そのうち「さわる」がエスカレートして、とびかかったり・・・



フーさんのスカート?の中に手を入れたり・・・



フーさんの中の人、すみませんでした・・・。

こどもグッズがいっぱいならんでいるお店もありました。
このポケモンのキャラクター、なんていうか忘れましたが・・・
名前をつぶやいて抱きしめていました。



こんなふうに、なんだったか、ウィルスだったかが話題になっていて
おまわりさんもマスクしてるくらいで、
マスクの人がたくさんいるなか、お店でぬいぐるみを抱きしめるなんて
不衛生かもしれませんが、意に介さず。



トヨタ自動車の展示を観にいったのですが、
だいぶ奥の方で・・・
ウィルスかなにかの影響か、ガラガラでした。



トヨタ自動車のロボットのところまで行くのに、
こんな展示がありました。
キルトミュージアム。
いろんな国を象徴するキルトがかかっていました。




閑散としていましたが、
ミュージアムっていうくらいなだけあって、観ごたえありました。





これ↓、写真を撮れるだけで、動かないんですね~。
ちょっと残念。



やっと着きました、トヨタ自動車作、パートナーロボットのステージ。
ロボットが、トランペット吹くんです。
演奏がオーディオで流れているんじゃなく、
ほんとに吹いているようでした。
すごいなあ・・・。



息子に見せたいと思い、歩いていって、
すごいなあと感心しているのは私だけで、
息子はあんまり興味ないみたいでした(^^;



風呂が特に思い出、セントレア、でした(^^

  


Posted by HOO! at 00:11遊ぶ

2009年11月08日

夏の思い出1

いろいろ写真は撮っているのですが、
なかなかブログに上げられず、
お蔵入り状態の写真を少しずつ・・・。
「夏の思い出1」と書きながら、「1」で終了するかもしれないけれど、
せっかく撮ったので、掘り起こしてみます。

夏の思い出・・・
秋でも冬でも、これは行われますが、
表情がすっごくよかった!
顔の毛を剃るのは私の姉=息子の伯母がいつもやってくれますが、
くすぐったくてもぞもぞ動くのを、
足でブロックされ、耐えている様子が笑えた。



おもしろがって、横で見ているおにいちゃんもまた、笑える要素。

夏の思い出・・・
夏だから、でも何でもないけど、迎えに行ったら
「ママ、目つむって」というので、つむってみたら・・・
首に何かかけられた!
「僕が作ったネックレスだよ☆」と。
「かわいいよ!」などと言って喜ばせるワザも覚え・・・
よくみたら、チャンバラごっこでいつも作ってる剣を折り折りして
結んだだけじゃん汗
いいのよ、いいのよ、うれしいわ。



よく雨が降る毎日でした。
ポケモン傘が大活躍でした。
梅雨時だったかな。

さて、夏の思い出・・・
これも、季節は関係なく続くけど、
なりきりシンケンジャー。
日曜の朝、いつもシンケンジャーを見て、何かにとりつかれたように、
踊ったり剣(紙だったり、鉛筆だったり、細長いもの)を振り回したりしています。
午前中ずっととりつかれ状態だったりします。





  


Posted by HOO! at 17:59生活

2009年10月24日

ポケモンシューズ

保育園に入園してから7ヶ月。
この間にもう、最初に履いていた上履き(いまどきの保育園では
シューズというらしい。)が履けなくなり、
サイズアップで次のを買いに靴屋さんへ行きました。

息子は、めざとく、ポケモンの絵が入ったシューズを見つけ、
「これがいい!」と言うんですが・・・
値段を見たら、なんら絵が入ってないノーマルのが300円、
に対し、ポケモンシューズは1200円!
確かに価値はあると思うけど、驚き!
「もったいないから私がかく!」とまた宣言してしまい、
ノーマルな無地シューズ300円を購入。

夏には「もったいないから私がかく!」で シンケンジャーのうちわを作成した実績?が。
しかし、シューズに書くとなると、油性ペンで失敗したら取り返しがつかない!
ので、緊張してかきました。

息子の要望通り、左足には「モウカザル」。



右足には「バクフーン」。



この時点で喜びが隠せない様子の息子。
よし、ここまできたら、きれいに塗ってやる~!と思って構えたら
「ぼくが塗る!」と。
完璧に仕上げたかったので、私が塗りたかった・・・(T_T)

塗る様子が真剣そのもの。





立ってる・・・(^^;



完成したのはこちら(「ぼくが撮る!」と息子が撮影)。





ちゃんとはみださずに塗れるようになったではないか!
うーん、しかし、、、私が塗りたかった・・・。
が、喜んで誇らしげにしていたので、よしにこにこ
同居のおばちゃんも、絶賛してくれて、
勇んで保育園へ!



よかったなあしあわせ

保育園の友達に絶賛されたらしく、
「ともだちのも持って帰ってくるからかいて!」と言う・・・
それはうれしい~、でも、
かんべ~ん・・・大変だもん・・・(T_T
失敗したら取り返しつかんし・・。

それはそうと・・・
シューズにポケモンをかくために、
油性ペン マッキーの8色セットを購入。750円。
1200円がもったいなくて、シューズ+マッキー 合計1050円投資(^^;
なにが「もったいない」んだか・・・(自嘲、笑)。

  


Posted by HOO! at 21:26生活

2009年10月11日

「豊田てらこや」に参加。久保田牧場で牛さんと触れ合う!

「豊田てらこや」という体験イベント事業の、
「化けつつプリン!? 牛と遊モゥ~」に参加しました。
いとこのお兄ちゃんたちも一緒に。

私自身も、初めて乳牛舎の中に入るという貴重な体験をしました。

40人ほどの子ども(小学生が中心)がグループに分かれて
最初に手遊びやらリズム体操などして交流し、一体感が出てきたところで・・・



乳搾りして、バーベキューで昼ごはんたべて、プリンつくって、
牛の格好を自分たちでつくって着て、
その間にプリンができてみんなで食べて終了!(全部で6時間ほど)
流れはこんな感じですが、
その間に、初対面の子どもやボランティアの大学生さんと心を通わせ、
“珍しい体験”が“貴重な体験”になっていくんですね。
親は子どもを送ってきたら、一旦帰り、終了時間がくる頃に迎えに来ます。
私は、出たり入ったりしてました。

うちの子は、集まった子どもたちの中ではひときわ小さいんですが、
なんとかなじんでるふう・・・



乳搾り!
腰がひけてるぞ!



ここは、久保田牧場というところなんですが、
そこの久保田おにいさんが、ご親切に・・・ありがとうございます目がハート





カメラをかまえているのは、この事業を手がけた
青年会議所のお兄さん(おじさん?)。



このあと、バケツをひっくり返したような、牛さんのおしっこが
かかりそうになってびっくりびっくり
(私も近づいていたので危なかった笑顔汗



牛乳っていうのは、血液なんですとか、
一日に、一頭の牛さんから、学校へだいたい3クラス分の牛乳をもらってますとか、
お勉強タイム・・・。
私も「へえ~」と思うことが多く、聞き入ってしまいました。



私は一旦その場を離れ、数時間後に戻ってきたときには、
こうなってました!





中学生のお兄ちゃんと、同じサイズのを着てるので、不恰好~(^^;
「赤ちゃんみたい!」と言ったら怒ってしまった・・・。
お兄ちゃんの方は、作業着としてキマッてるなあハート





この白い作業着に、スプレーで装飾していって、
みんなで牛になりましょう、というもの。

キマッているお兄ちゃんふたりと。
やけに小さく見えるなあ・・・にっこり



プリンができた頃かな・・・



お兄ちゃんにダッコしてもらって見てました。



みかけは・・・ですが、「おいしかった!」と言ってましたにこにこ



いとこのお兄ちゃん(小学生の方)は、みかけとか工程とかよりも、
“食い”。
みんながもう最後の集合をしているのに、ひとり残って
黙々と食べていました(笑)。



そんな“食い”のお兄ちゃんにも、こんなふうに面倒みてもらって、幸せなヤツ。



大学生ボランティアのお兄さん、お姉さんにも
ちびな分、大変お世話になりました。感謝。

豊田てらこやは、
『子ども達に「出会い」と「感動」を!』というのがコンセプトで・・・



まさしくその通り、いい体験をさせてもらいました。
「豊田てらこや」の存在は知っていましたが、
初めて参加してみて、よかったです☆
叔母の私に似て(?)しらけ癖のある いとこのお兄ちゃんも、
6時間の体験終了後には、晴れやかな表情で、
「楽しかった!」と言っていました。


  


Posted by HOO! at 18:58遊ぶ

2009年09月20日

ぼくがとってあげます!

保育園の近くにある本屋さん・DVDレンタル屋さんに、ときどき行きます。
昨日は、息子と一緒にDVDを返しに行き・・・
車にエンジンをかけ、駐車場で発進したそのとき!
車の窓から見えた光景・・・
若いおねえさんが、飛び上がるようにしてバッグを投げ捨てた!
そして、恐怖の面持ちでバッグを拾い上げさかさにして中身を
地面に落とす!
「なにやってんだろ?」と、ちょっと車をとめてじっと見たら・・・
バッグにかなり大きいカブトムシ?!黒い虫がひっついていました。
いや、しがみついていたという感じ。
ブーンと飛んできて、停まったところが、おねえさんのバッグだったんですね。
かわいそうに、カブトムシをつまむことができなくて、
一生懸命バッグをばさばさ振っています。
助手席に乗っていた息子に、
「おねえさんのバッグにかぶとむしついててとれないみたい!とってあげて!」
と言ったら、
「はいっ!」と返事して車のドアを開け、
おねえさんの側に駆け寄り、
「ぼくがとってあげます!」とおねえさんに言いました。
そして、でっかいカブトムシをつかんで
(でかいので、子どもの手だと、つまむ感じではなく、つかむ感じでした)
バッグからとってあげてました。
おねえさんは、まだ恐怖からさめやらない様子でしたが、
息子に「ありがとう」と言って、
運転席で待っている私の方も見て会釈してくれました。

おねえさんの立場だったら、私もほんと恐怖だったと思います。
虫嫌いなので。
でも、あんなに虫嫌いだった息子は(虫を見つけると怖がって泣いてました)、
成長したもんだなあと。
それにしても「ぼくがとってあげます!」と大きな声で宣言するところが
なんともかわいかったわ。

写真は・・・
本文とは全然関係ありませんが、
数週間前の土曜日に行われた保護者懇談会(授業参観みたいなもの)の光景です。
これまで行事はおばあちゃんに行ってもらっていたので、
大変新鮮な体験でした。










  


Posted by HOO! at 12:49生活

2009年09月13日

豊田スタジアムのアスレチック広場で

豊田スタジアムの…
なんていうのか・・・アスレチック広場、のような場所。
遊具の豪華さ、スケールは、この辺では鞍ヶ池かここか。
見てるだけで楽しい。
息子は、ほっといてもひとりで熱中して遊んでいます。
解き放って、私は木陰で座ってぼーっと見ています。
あー、こういうことだな、子育てが「楽になる」というのは。

その広場にある池、というか、何というか、ここ。



夏は子どもたちがバチャバチャ入ってますが、
もう秋になって、誰も入ってませんでした。
そもそも入るために作られたところじゃないとは思いますが・・・。
「もう秋になって」という前に・・・この日は日中ものすごい暑さで、
アスレチックで遊ぶという親子すら少なかった(^^;

ここでも解き放って、私は、池の縁で座って見ていましたが、
暑くて焦げそうでした(^^;


ズボンをまくってサッカーしてました。



動きがだんだんエスカレート。



ズボンがびしょぬれになり、パンツになった。



赤パンで、自由奔放。



Tシャツもぬれてしまい、パンツだけになった。





あっ、こけた!



実に楽しそうでした。  


Posted by HOO! at 16:35遊ぶ